英国菜園日誌

イギリスという寒冷地で2009年から野菜を作っています。 自宅庭のキッチンガーデン、アロットメント(貸し畑)の様子のおぼえ書きです。

コンパニオン・プランツ

園芸店の種コーナーでこういうものを発見。

200612_03_convert_20120622214711.jpg

コンパニオン・プランツの組み合わせの種です。以下のものがありました。

そらまめ+ナスタチウム(ブラックフライを防ぐ)

キャベツ+ナスタチウム(モンシロチョウを防ぐ)

にんじん+チャイブ(ルートフライを防ぐ)

きゅうり+コリアンダー(あぶらむしを防ぐ)

トマト+コリアンダー(あぶらむしを防ぐ)

トマト+マリーゴールド(温室のホワイトフライをコントロールする)

トマト+バジル(ホワイトフライ、あぶらむしを防ぎ、トマトの生育を助ける)

カリフラワー+セロリ(ホワイトフライを防ぐ)

他にも相性のよい植物がいろいろあるそうなので、調べてみます。来年はコンパニオン・プランツを生かした菜園づくりをしたいと思います。

昨日は夏至だというのにあいにくの雨。今日も雨で肌寒いです。

園芸店にはもう野菜の苗はほとんどなく、かろうじて成長したトマト類があっただけ。菜園を持っているとほんの数週間がものすごく貴重に思えます。今を逃すと来年まだ待たなくちゃいけないってことがあるっていうか。

ランキングに参加しています。ぽちっとしていただければ、励みになります。どうぞよろしく!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ