読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国菜園日誌

イギリスという寒冷地で2009年から野菜を作っています。 自宅庭のキッチンガーデン、アロットメント(貸し畑)の様子のおぼえ書きです。

新しい朝が来た

日記

日本はゴールデンウィーク真っ只中ですね。お天気もいいようで何より。さっき千葉マリン(パ・リーグTVでマリーンズvsファイターズ戦観戦中)は初夏のような気候っていうアナウンスを聞いてうらやましさに身もだえしている。今(午前6時)の気温、1℃…。

そうそう、はてなブログさんは投稿時間を変えられないようなので、このブログの投稿時間は日本の-8時間(冬は-9時間)である。

 

自室の窓からはまぶしい朝の光が差し込み今日も一日頑張ろうという気持ちになるが、変わりやすい天気、そして降水確率は50%。雨が降る前に貸農園へ行って苗の様子を見に行かなければと思う。なにせ昨日の朝は車が真っ白になるぐらいの冷えで、ビートルートの様子が非常に懸念されるのである。

こう寒いと苗を移植するわけにもいかず、ズッキーニやとうもろこしの苗が台所でぐんぐん成長中。ちゃんとした温室を持っていないので台所を置き場にしているのだが、はっきり言って邪魔。ただでさえ狭い台所がカオス状態。

そして家の中に植物を持ち込むのは亡父の遺伝ではなかろうかと、冬場、蘭や万年青がぎっしり並べられていた実家の和室を思い出して思う。「お父さん、寝る前に明日はxxを植えるとわくわくしていたよ」と母が思い出語りするのを聞いて、脈々と受け継がれるガーデナーの血を感じたものだった。「でも家の中に鉢をたくさん持ち込んで本当に邪魔だった」と母は言うのだが、実にそうだったろうと我が台所を振り返る。

 

ご来訪ありがとうございます。

ランキングに参加していますので、下記バナーから「にほんブログ村」をお訪ねくださると励みになります。どうぞよろしく!

 にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村