英国菜園日誌

イギリスという寒冷地で2009年から野菜を作っています。 自宅庭のキッチンガーデン、アロットメント(貸し畑)の様子のおぼえ書きです。

通り道

アロットメントの入口近くにチップバーク(木を粉々にしたもの)が山のように積まれていました。どうやらメンバーなら自由に使ってよいようなので、さっそくおととい土を均したところに撒いて通り道を作ってきました。黒シートは面倒だったのでとりやめ。

裏庭のイチゴが繁殖して余ってしまったので、アロットメントへ持って行きレイズドベッドに移植しました。イチゴジャムが作れるぐらい実がならないかなぁとひそかに期待しています。

昨日からまた肌寒くなって、成長した苗を移植したり種を直播きするのがはばかられるのですが、そうこうしているうちに四月になって出遅れてしまうんですよね、毎年。タイミングを計るのが本当に難しいです。

Freecycleという登録制の無料物々交換?グループがあるのをネットで発見しました。全国各地で展開されているようで、わたしが住んでいる町では一万人余りの登録がありました。中での目玉アイテムは馬糞! たくさんあるから好きなだけ持って行っていいよとオファーしている方がいらして、ぜひ! これは! いただきたい!! と思いました。しかも場所がちょうどよく行くファームカフェの近所なんです。コンポストの空き袋を持って行ってそこに詰め込めばいいようなのですが、馬糞……。車のトランクに入れるんだよねぇ……と、ちょっとためらう心持ちもあります。車の後ろにつけるトレーラーがあればいいんだけど、馬糞運搬のために買うのもねぇ……(そもそも置き場所がない)。

まだ登録していないんですが、捨てるには惜しいいらないものが周期的に発生するので、ぜひ利用したいと思っています。馬糞は夫に相談。

 

ご来訪ありがとうございます。

ランキングに参加していますので、下記バナーから「にほんブログ村」をお訪ねくださると励みになります。どうぞよろしく!

 にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ